債務整理をして困ることはあるのか?

債務整理を弁護士に依頼する

債務整理の手続きは債務者本人が独力で行うことも可能ですが、ほとんどの場合は弁護士や司法書士などが代理で手続きを行います。
というのも、裁判が必要となる個人再生や自己破産の手続きには数多くの書類を準備したり作成したりする必要がありますが、こういったことはある程度法律の専門知識がないと難しいからです。
また、裁判を必要としない任意再生を行うにしても個人が貸金業者などの債権者と対等な話し合いを行うことは難しいので、確実に債務を整理するためには専門家の力が不可欠となります。
債務整理を弁護士などに依頼する際には、まずは借金相談を行いましょう。
費用は法律事務所によって様々ですが、5000円から1万円くらいが相場になります。
中には初回の相談料が無料になったり、最初の30分や1時間が無料になるところもありますので、はじめての方はそういった物を上手に活用するのもよいでしょう。
弁護士に依頼すると自分が借金していることが他人に知られてしまうのではないかと不安な人もいるかもしれませんが、弁護士には守秘義務があるので他人に相談内容が漏れてしまうということはありません。

弁護士に相談する前に以下のサイトで情報を集めておきましょう。

自己破産についての具体的なケースワークがあります。

>>自己破産

ローンについての様々な方の具体的な悩みを知るのに便利

>>知恵袋

法テラスにも借金問題について詳しく解説しています。

>>借金


債務整理を考えている方は謝金問題を抱えているわけですから、弁護士に依頼したくても費用を用意できないということもあるでしょう。
しかし、手続きの最初の時点で支払う必要があるのは一般的には着手金のみであり、報酬金などは取り戻すことのできた過払い金の中から充当できます。
また、どうしてもお金が用意できないという倍には法テラスの民事法律扶助制度を利用することで通常よりも安い費用で手続きができるので一度相談してみましょう。


債務整理をして後悔する人はいない

債務整理に悪いイメージを抱いている方は多いですが、実際に整理をして後悔する方はいません。 借金を問題なく返済できているうちは、弁護士に相談しようと考える方はまずいないのです。 弁護士に相談する方というのは、すでに相当に返済に行き詰まっており、自力で返済するのは無理な状態となっています。 債務整理をすれば取り立てはすぐに止まりますし、借金返済の目処も立つのです。

ブラックリストに登録されるデメリットはありますが、借金返済が楽になるメリットと比べれば小さなものでしょう。

返済シミュレーションをして完済時期を把握しておこう

返済に行き詰まっている方の多くは、ローンの完済時期を把握していません。 漠然と毎月返済は続けていますが、どの程度残高が減っているのか質問して即答できる方はほとんどいないのです。 借金返済で注意したいのは、返済した金額分のローンが減るわけではないことです。 100万円の借り入れをした場合、月3万円ずつ返済すれば約3年間でローンは完済できると考える方が多いですが、実際には利息が発生します。 利息も考慮して、完済までどの程度かかるのかシミュレーションをして、あまりにも長期を要するようなら債務整理も視野に入れましょう。

取り立てを止める方法は債務整理しかない

期日までにきちんと返済していれば、取り立てに遭うことは絶対にありません。 数日程度の遅延でも大きな問題ではありませんが、1ヶ月以上遅れると取り立てがかなり厳しくなってきます。 金融機関にもよりますが、取り立ての電話が頻繁に来るようになり、口調も厳しいものとなります。 このまま放置しておくと3ヶ月目で個人信用情報機関に登録されるため、取り立てが始まったら債務整理を検討するべきでしょう。

債務整理をしても将来的にローンを利用できる

債務整理をすると一生涯においてローンを利用できないと考えている方が多いですが、利用できないのは5年間だけなのです。 5年間は個人信用情報に事故情報として登録されるので、どんな会社からも借りることができません。 ブラック登録中に金融機関側から融資話を持ち出してきた場合は、その業者はほぼ悪徳だと考えていいでしょう。

債務整理は1回で完了させるのがコツ

債務整理をして後悔する人はいない

借金の返済が厳しくなったときに使える法的な処置が債務整理です。
自己破産が最も有名ですが、ほかにも個人再生、任意整理などの方法があり、借金総額や収入、弁護士費用なども踏まえて方法を決めていきます。

借金を大幅減額する方法ほど弁護士費用が高くなり、また住宅を手放したり、官報に登録されたりするデメリットがありますので、それも考慮して一番よい方法を決めていくのです。
具体的な方法については自分で決めるものではなく、弁護士と相談して最適な方法を模索することになります。
弁護士が各方法のメリット・デメリットを話してくれるので、それを聞きながら最後は依頼者が決定するのです。
借金を大きく減額できる方法は、自己破産から順番に個人再生、任意整理となります。
債務整理をする上で重要なのは、1回の整理で借金を解決できることなのです。

弁護士費用が安いという理由で任意整理を選んでも、いずれ返済に行き詰まるようでは意味がありません。
その場合は再度整理する必要があるので、手間と時間がかかってしまうのです。
2回弁護士に依頼した場合は、2回分の報酬を支払うことになるので、金銭的にもデメリットが大きくなります。
個人再生、任意整理により借金を整理する場合は、3年間で完済可能かどうかが目処となります。
完済までに3年を超えて期間がかかる場合は、債権者が同意してくれないケースが多いのです。
3年で完済できない、もしくは毎月安定収入がなくて少額の返済額でも完済不能、といった場合には自己破産を選ぶのが普通です。